1. 税理士法人キーストーン神戸 TOP
  2. 税金・経理事典
  3. 【税金】~節税・税務・決算対策~
  4. 住宅ローン控除を受けたいときの必要書類(初年度確定申告編)

« »

住宅ローン控除を受けたいときの必要書類(初年度確定申告編)

住宅を購入した場合において、その翌年にはじめて住宅ローン控除を利用するときは

住宅の新築や購入、中古住宅の購入、それぞれ確定申告するときに必要な書類は、

以下の通りです。

 

確定申告は、毎年2月16日~3月15日です。

提出が遅れないように、早めに必要書類を準備し、
分からないときは最寄りの税務署もしくは、
税理士に相談してください。もちろん弊社でもご相談に応じております。

 

「必要書類」

 住宅を新築、あるいは新築の住宅を購入したとき

1)源泉徴収票・・・勤務先で入手
会社に勤務している、給与所得者の必要書類。

2)住民票   ・・・新居の市区町村で入手、実際に購入した住居に住んでいる証明です。
住宅ローン借入れの名義人の住民票。

3)住宅ローンの残高証明書・・・借入先の金融機関から郵送されてきます。
複数のローンを組んでいるときは、全ての残高証明書が必要。

 

4)確定申告書・・・税務署で入手
住宅借入金(取得)等特別控除額の計算明細書。

5)登記簿・・・法務局で入手
土地や建物の登記簿謄本(コピー不可)

6)契約書・・・ 住宅を新築したときは、住宅の請負契約書のコピー。
新築住宅を購入したときは、住宅の売買契約書のコピー。

7)その他の必要書類
建築条件付で住宅を購入したときは、これを証明する書類。
長期優良住宅を新築、購入したときは、これを証明する書類。

 

中古住宅を購入したとき

1)源泉徴収票

2)住民票

3)住宅ローンの残高証明書

4)確定申告書

5)登記簿

*1)~5)の必要書類は、上記の住宅を新築、購入した場合と同じ。

6)契約書・・・中古住宅の売買契約書のコピー。

7)その他の必要書類・・・購入先で入手
中古住宅を購入した日を基準にして、耐火建築物で築25年、
非耐火建築物で築20年を超える住宅は、住宅性能評価書のコピーか
耐火基準適合書のどちらか1つが必要書類。

 

以上です。

お不明な点は、お気軽にお問い合わせください。

2012年09月

« »

サービス内容一覧

MAS税務起業支援
自計化支援業種MAS特化MAS
お問い合わせ・ご相談窓口 このページの先頭に戻る
税理士法人キーストーン神戸
お問い合わせ・ご相談はこちら

Copyright(C)2017 税理士法人キーストーン神戸 All Rights Reserved.

神戸(対応地域:神戸・滋賀・大阪・京都)の税理士・会計事務所、税理士法人キーストーン神戸。 税務顧問・会社設立・独立起業等をサポート!

税理士法人キーストーン神戸
お問い合わせはこちらから
トップページへサービス / 料金一覧会社概要よくあるご質問お客様の声お問い合わせ / ご相談