1. 税理士法人キーストーン神戸 TOP
  2. 税金・経理事典
  3. 就業時間外の教育訓練

« »

就業時間外の教育訓練

平成30年度がスタートして、もうすぐ1ヶ月が経とうとしております。

新入社員研修などの事業所による教育訓練や、社内行事・レクリエーションも、

この時期によく行われます。

では、就業時間外に行われるような教育訓練については、労働時間として

扱われるのでしょうか。

 

この判断基準となる通達が出ておりまして、「就業規則上の制裁等の

不利益取扱による出席の強制がなく、自由参加のものであれば、

時間外労働にならない」と示しております。

要するに、「自由参加」であれば、労働時間になりません。

しかし、いくら「自由参加」としていても、就業規則で不参加を

理由に労働者にとって不利益な取り扱いが決められている場合、

その不参加による不利益を回避するために、労働者が参加すると

なれば、このことは、業務命令としての参加義務が生じることと

同じことになるので、時間外労働となります。

 

そうなれば、当然、割増賃金も発生しますので、事業所としては、

曖昧な表現などにより、労使トラブルに繋がらないように注意

する必要があります。

 

 

 

 

2018年04月

« »

サービス内容一覧

MAS税務起業支援
自計化支援業種MAS特化MAS
お問い合わせ・ご相談窓口 このページの先頭に戻る
税理士法人キーストーン神戸
お問い合わせ・ご相談はこちら

Copyright(C)2018 税理士法人キーストーン神戸 All Rights Reserved.

神戸(対応地域:神戸・滋賀・大阪・京都)の税理士・会計事務所、税理士法人キーストーン神戸。 税務顧問・会社設立・独立起業等をサポート!

税理士法人キーストーン神戸
お問い合わせはこちらから
トップページへサービス / 料金一覧会社概要よくあるご質問お客様の声お問い合わせ / ご相談