1. 税理士法人キーストーン神戸 TOP
  2. 税金・経理事典
  3. 退職後の健康保険

« »

退職後の健康保険

会社を退職すると、健康保険証を会社に返すことになり、

他の健康保険に加入しなければなりません。

退職後、次の勤め先が決まっていれば、そこの

健康保険に加入することになりますが、

そうでない方は、「任意継続」か「国民健康保険」

のどちらかを選択することになります。

 

まず、「任意継続」という制度を簡単にお話をすると、

退職した前日までに2か月以上の社会保険加入していたことが

前提で、退職後20日以内に手続きを行えば、退職後から

継続して2年間は、退職後も同じ健康保険に加入できるという

制度です。2年以上は、継続できません。

保険料は、在職中は会社が半分を負担してくれていましたが、

任意継続は、自分で保険料を全額負担しなければなりません。

ただし、任意継続の保険料負担額には、上限の設定があります。

 

「国民健康保険」は、地域の健康保険で市町村が運営しています。

この国民健康保険は、世帯単位での加入となります。

そのため、「扶養」という概念がなく、収入に対する保険料、

加入する人数に対する保険料という形で保険料は決まります。

また、自治体によっても保険料は違ってきます。

任意継続と比べて、保険料の割増要因が多いです。

 

さて、この2つの制度、どちらが得なのか・・・

もちろん、その時の状況によるので、絶対にこちらと

言うことはできないのですが、簡単にまとめると、

次のようになります。

1.任意継続が割安となるケース

・扶養家族がいる

・国民健康保険料が割高な自治体に住んでいる

2.国民健康保険料が割安となるケース

・独身である

・前年の所得が低い

 

したがって、退職前に国民健康保険料がいくらに

なるかを役所で調べておくと良いでしょう。

先ほどもお話をしたのですが、任意継続は、退職後、

20日以内に手続きを行わないといけません。

この20日以内の期限を過ぎてしまうと、手続きは

一切できなくなりますので、ご注意ください。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

2018年02月

« »

サービス内容一覧

MAS税務起業支援
自計化支援業種MAS特化MAS
お問い合わせ・ご相談窓口 このページの先頭に戻る
税理士法人キーストーン神戸
お問い合わせ・ご相談はこちら

Copyright(C)2018 税理士法人キーストーン神戸 All Rights Reserved.

神戸(対応地域:神戸・滋賀・大阪・京都)の税理士・会計事務所、税理士法人キーストーン神戸。 税務顧問・会社設立・独立起業等をサポート!

税理士法人キーストーン神戸
お問い合わせはこちらから
トップページへサービス / 料金一覧会社概要よくあるご質問お客様の声お問い合わせ / ご相談