1. 税理士法人キーストーン神戸 TOP
  2. 税金・経理事典
  3. 【経理】~簿記・記帳・出納帳・経理の疑問~
  4. 月次棚卸の仕訳入力

« »

月次棚卸の仕訳入力

棚卸…

商品販売、製品販売のある会社様であれば通常必要な処理です。

年度末に一度だけ行う実地棚卸だけの場合であれば、
仕訳は以下のようになります…

学習簿記3級で登場する超が付くほど有名な仕訳!

仕入      / 繰越商品(期首)
繰越商品(期末)/   仕入

これで問題なしです。

 

実務上では、

期首棚卸高  /   商品
  商品   /  期末棚卸高

となりますでしょうか…

年度一括の場合は、これで悩むところはないですね。

 

ただし、月次決算を行っている会社や、期中の損益を見たいので
年度の途中で棚卸をしました…といった場合。

これは、仕訳をどう入れるかの質問が意外と多いところです。

 

結論から申しますと、
私のおすすめの仕訳は以下の通りです。

 

【事業年度の1月目】(3月決算の場合4月)

期首商品棚卸高 /    商品    (前期末残高)
  商品    / 期末商品棚卸高  (4月末残高)

 

【事業年度の2月目以降】(3月決算の場合5月以降)

期末商品棚卸高 /    商品    (4月末残高)
  商品    / 期末商品棚卸高  (5月末残高)

 

他に、3行で仕訳する方法…

学習簿記や、簿記の意味を忠実に月次に反映する仕訳として

当月
期首商品棚卸高 /  商品
   商品    /  期末商品棚卸高

翌月
期首商品棚卸高  /     商品
   商品       /    期末商品棚卸高

というのも考えれらるのですが、
多くの会計ソフトの場合、この仕訳をすると

期首商品棚卸高と期末商品棚卸高が、
年計では、累計表示されるので、試算表の段階で、おかしな?数字が表れます。

最終の損益の数字は、費用の相殺が起こりますので問題ないのですが、
原価計算の欄の見た目の問題と決算修正が必要になりますので…

というような理由をもちまして、

最初に紹介した仕訳を入力されることをお勧め致します。

 

よくある質問。

月次棚卸の仕訳例 でした。

 

2013年01月

« »

サービス内容一覧

MAS税務起業支援
自計化支援業種MAS特化MAS
お問い合わせ・ご相談窓口 このページの先頭に戻る
税理士法人キーストーン神戸
お問い合わせ・ご相談はこちら

Copyright(C)2017 税理士法人キーストーン神戸 All Rights Reserved.

神戸(対応地域:神戸・滋賀・大阪・京都)の税理士・会計事務所、税理士法人キーストーン神戸。 税務顧問・会社設立・独立起業等をサポート!

税理士法人キーストーン神戸
お問い合わせはこちらから
トップページへサービス / 料金一覧会社概要よくあるご質問お客様の声お問い合わせ / ご相談