1. 税理士法人キーストーン神戸 TOP
  2. 税金・経理事典
  3. 【経営】~経営管理・経営計画・予実管理・融資~
  4. MAS監査
  5. 経営戦略について

« »

経営戦略について

「企業経営について、なにからしたらいい??」

意外かもしれませんが、結構多くの経営者が抱える悩みです。

 

こうきかれてまずお答えすることは、

「社長、今後、会社をどうしたいですか??」ということ。

 

中小零細企業の経営者の多くは、
その道のプロ(営業、開発、設計、施工、などなど)の方がほとんどです。
前職ふくめ、経験を踏まえて自分でやれる!自分でやりたことをしたほうが利益が生まれる!
といった前向きな理由から独立開業、会社設立をされ、いままで成功を収めてこられた方ばかりです。

ただ、会社が成長するにつれ、ひとが増え、設備が増え、借り入れが増え…
その中で、自分一人でやっていた頃にはない悩みが出てきます。

 

それぞれの会社のそれぞれのタイミングで、

「今、なにからしたらいい??」

という疑問が出てきます。
この段階まで成長すれば、会社は、稼業から企業に変革を必要とされています。

そこで、
「社長、今後、会社をどうしたいですか??」

という質問になります。

 

MAS監査もしていて思うことは、
すべての社長の頭の中、心の中には「どうなりたい、どうしたい」
という思いがあるということ。

明文化されていなかったり、言語化できていなかったりするだけで、
社長の中にはあるのです。

それこそが「ビジョン」

 

企業経営において、一番大切な要素のひとつです。

 

ここからが、企業の存続と成長のカギになりますが、

そのビジョンを達成するために

経営戦略が存在するのか!!

 

この経営戦略の立案が、成長の必要条件になります。

 

「企業経営について、なにからしたらいい??」

ということのお答えは、

 

まず「ビジョン」を明確にし、

それを達成すために

「戦略立案」をすることです。

 

経営計画というものが、よく絵に描いた餅?などと言われますが、

経営計画を、過去の実績数値からの予測だけで立てていませんか?

 

財務には、戦略という裏付けが必要です。

「計画で立案した数値を達成するための、構造化されたアクションプラン」
これが、戦略の定義です。

 

モノ、コトには、定義が必要ですね。
自分で理解するためにも、スタッフや利害関係者など、他人に伝える際にはなおさら…

定義を明確にすることで、
認識が生まれます。
認識できれば、行動ができます。
行動できれば、検証ができます。

まず、仲間で共通認識をすることが大切です。

 

理念、戦略、経営計画の策定をお手伝いいたします。
お気軽にお問い合わせください。

2013年01月

« »

サービス内容一覧

MAS税務起業支援
自計化支援業種MAS特化MAS
お問い合わせ・ご相談窓口 このページの先頭に戻る
税理士法人キーストーン神戸
お問い合わせ・ご相談はこちら

Copyright(C)2017 税理士法人キーストーン神戸 All Rights Reserved.

神戸(対応地域:神戸・滋賀・大阪・京都)の税理士・会計事務所、税理士法人キーストーン神戸。 税務顧問・会社設立・独立起業等をサポート!

税理士法人キーストーン神戸
お問い合わせはこちらから
トップページへサービス / 料金一覧会社概要よくあるご質問お客様の声お問い合わせ / ご相談