1. 税理士法人キーストーン神戸 TOP
  2. スタッフブログ
  3. 感謝

« »

感謝

ご無沙汰しております。佐々です☆

二回目のブログとなります :oops:

二月ですね…(^_^)

私事ですが、先日、子どもが一歳半になりました☆

最近、インフルエンザが流行りだしていると耳にするので、

いつ子どもがインフルエンザにかかるのではないだろうかと

ヒヤヒヤしております…(~_~;)

私は今までインフルエンザにかかった事はありませんが、

ありがたい事に初めてこちらで

予防接種を受けさせていただきました!

予防接種後はなんとなくですが…

体調万全ではなかったたからか?

体がだるくなったような感じがしました(._.)

12月の半ば頃、風邪気味が続いてた子どもにもようやく

インフルエンザの予防接種を受けさせたのですが、

予防接種後に赤い発疹が出て、高めの熱が出ました。

発疹と熱が続いて近くの小児科へ何度も行きましたが、

はっきり原因がわからず…。

12月は保育園からの呼び出しが多くなり、仕事を

休ませていただく事が多くなりました。

(キーストーンメンバーの皆様には

ご迷惑おかけしましたm(_ _)m)

結局、小児科より大きい病院を紹介されまして

検査をしましたが、それでもはっきりわからないということで

入院する事になってしまいました(°_°)

(一部のメンバーにしかお話ししていません…)

ちょうど年末年始のお休みの時で、仕事には響かなくて

済んだのですが…。

ただ、入院当日はいつまで入院になるのか治るのか

わからなかったので、とにかく不安で。

まだ小さいので泊まりで付き添わないといけないので、

夫と私で交替で泊まりました。

子どもは初めての点滴で、ベッドから動けない状態なので

見ていて辛かったです…。

ようやく、入院3日目に発疹がマシになってきて、

食欲も出てきたので少しほっとしました。

入院4日目には点滴が外れて

病室内を動けるようになりました。

入院5日目には退院できるだろうと!

念の為に1日入院で6日目に退院できました!!

(ギリギリ年内に退院できて病院で年越さなくて済みました)

結局、溶連菌感染症が主で他にも何かしらの

ウイルスにかかっていたようで、

病名がはっきりわからなかったみたいです。

この時、私は初めて溶連菌感染症というのを知りました。

ちなみにインターネットの『1分でわかる溶連菌』によると

 

溶連菌感染症とは「A群β溶血性連鎖球菌」

に感染すること意味します。

よく「子供がかかる病気」とも言われますが、

体の抵抗力や免疫力が低下している大人や妊婦でも感染します。

高熱が出て、喉が痛み、舌に真っ赤なプツプツが

現れるのが特徴です。

溶連菌はインフルエンザやはしかほどの

強い感染力は持っていませんが、

くしゃみや咳などの飛沫感染によって

人にうつることが多く、

特に「子供の間では感染しやすい」と言われています。

以下は省略します。

また、一昔前、溶連菌は治療が困難な病気とされ、

その感染具合から隔離対策がされたほどですので、

現在でも専門医の判断が大切なのは変わりません。

 

ということらしいです…。

最近、インフルエンザと同じく流行りだしているみたいです。

治療方法は、抗生物質の入ったお薬を10日間

しっかり飲ませることで治っていきました!

現在はすっかり元気!!

…と言いたいところですが、鼻水と咳は出ています(ー ー;)

それでも1月は保育園から呼び出されることはなく

現在も頑張って通っています。(熱が高いこともありましたが)

おかげで仕事に集中できるようになり、

少しずつ早くできるようになりました!

入院中の事を思うと、当たり前ですが

家族が健康でいてくれる事が何よりですね☆

家族に何もないから私は仕事をさせてもらえているんだと、

家族を含め、私の大事な方々が元気でいてくれる

事に感謝です(^_^)

 

2016年02月

税理士法人キーストーン神戸
佐々希美

« »

サービス内容一覧

MAS税務起業支援
自計化支援業種MAS特化MAS
お問い合わせ・ご相談窓口 このページの先頭に戻る
税理士法人キーストーン神戸
お問い合わせ・ご相談はこちら

Copyright(C)2017 税理士法人キーストーン神戸 All Rights Reserved.

神戸(対応地域:神戸・滋賀・大阪・京都)の税理士・会計事務所、税理士法人キーストーン神戸。 税務顧問・会社設立・独立起業等をサポート!

税理士法人キーストーン神戸
お問い合わせはこちらから
トップページへサービス / 料金一覧会社概要よくあるご質問お客様の声お問い合わせ / ご相談