1. 税理士法人キーストーン神戸 TOP
  2. スタッフブログ
  3. 適性検査

« »

適性検査

一年を通して最も忙しい5月を何とか乗り切り

会計事務所としては少しのんびりムードの漂う季節となりました。

しかし、わが社では進むべき道筋がより明確になったため

新たに取組まなければならないテーマが顕在化し俄かに慌ただしくなってまいりました。

 

先日の弊社スタッフの寺田のブログでもAIについての記載がありましたが

我が社はこの先AIと上手く付き合っていく事を決意しました。

好む、好まざるに関わらずAIの登場は

我々会計業界の未来を大きく動かす事になるのは既に自明の事であり

何より経営者の方々、即ち我々のお客様にとって様々な効果効用をもたらすものと感じています。

 

この方針決定によって重要になってくるのが組織戦略となります。

5年、10年後のあるべき姿を具体的にイメージして

そこに向かっていくための組織創りを改めて構築していかなければなりません。

ということで弊社でも新たな仲間を求めて採用活動に動き出しました。

 

そして今回の採用活動で新たに導入したのが適性検査です。

今までは面談からの直観採用という超アナログ方式の採用を行ってきておりました。

といっても直観は非常に大切だと思っていますし

幸い今のところ直観は間違っていないと感じているのですが

今後、新たな挑戦を始めるこのタイミングで

働いてもらう側も、働く側もよりやりがいのある環境を担保できるように

科学の力も拝借するに至りました。

と言っても 適性検査がどのようなものかもはっきり理解していない状況で

導入するのも憚られる感もあったため

まずは弊社スタッフ、パートナーの全員で受検することにしてみました。

 

内容は大きく

資質検査(検査SS)、能力検査(検査NR)、精神分析(検査SB)、定着検査(検査TT)

に分かれており、それぞれ30問~150問の質問に回答するという内容となっています。

勿論私も受検しました。

結論から言うと、結構使えます。

うすうす自分でもわかっていましたが

私の場合はウイークポイントをズバりと指摘される結果となりました。

即ち個人別の強み・弱みが明確な指標となって表れてくるため

採用活動でのツールだけにとどまらず

自分自身の改善課題が確認でき個人目標を定めるにあたっての良い基準になると感じました。

年に一度の受検を実施していこうかと考えています。

 

ちなみに私の場合、今のところキーストーン神戸にいても問題ないとのご判断を頂いたので

もう少し頑張らせていただこうかと考えています。

IMG_4989

2017年05月

税理士法人キーストーン神戸
藤本 隆

« »

サービス内容一覧

MAS税務起業支援
自計化支援業種MAS特化MAS
お問い合わせ・ご相談窓口 このページの先頭に戻る
税理士法人キーストーン神戸
お問い合わせ・ご相談はこちら

Copyright(C)2017 税理士法人キーストーン神戸 All Rights Reserved.

神戸(対応地域:神戸・滋賀・大阪・京都)の税理士・会計事務所、税理士法人キーストーン神戸。 税務顧問・会社設立・独立起業等をサポート!

税理士法人キーストーン神戸
お問い合わせはこちらから
トップページへサービス / 料金一覧会社概要よくあるご質問お客様の声お問い合わせ / ご相談