1. 税理士法人キーストーン神戸 TOP
  2. スタッフブログ
  3. 会計について…。

« »

会計について…。

会計とは

 

とある会計士の方の著書に、こうある…

「会計とは、言語である」

 

本来の言語とは、他人同士の意思疎通の唯一のツールである。

自分が考えていることを伝えるにも、他人の考えていることを汲み取るにも、

それ以前に、人が思考を行う場合に必ず必要なものが「言語」だ。

 

 

会計とは、ビジネスにおいて世界共通の言語なのだと、その著者はいう。

 

なるほどな、と思う…。腑に落ちるというべきか。

 

 

自社の状態(財政状態・損益状況)が、わかる。

他社のそれをみれば、まったく知らない会社のことがわかる。

 

自社の経営においても、

他社との取引の際も、

銀行融資の際も。

会計によって表現された財務諸表という代物が、人の意思決定を左右する。

 

目の前にある財務諸表は、経営者の意思決定の積み重ねを表し、

その会社のことを、こと細かく他人に伝えている。

 

そして、なにより重要なことは、

その会計という言語は、

経営者にとって「未来」に何を行うかという

将来の意思決定の判断基準となること。

 

自社のこと、他社のこと、意思疎通、意思決定…

 

経営者や利害関係者にとって、会計とはやはり「言語」なのだと思う。

 

我々は、税務に押し歪められたこの大切な言語を、

本来の力が発揮できるように、お客様である経営者に伝えることが仕事なのだと感じた。

 

会計というものを基軸に置いた、経営支援に取り組んでいる今だからこそ、
腑に落ちる内容だったとうれしく思う。

 

本日は、社内の朝の勉強会で、経営指標を8項目に簡便化することを題材にした。

 

小難しい説明より、重要な管理ポイントをどれだけ、スピーディに抑えることができるか…。

 

それが、われわれの今、目指すべき道かもしれない。

2012年12月

税理士法人キーストーン神戸
株式会社クオリアル・パートナーズ
寺田 一成

« »

サービス内容一覧

MAS税務起業支援
自計化支援業種MAS特化MAS
お問い合わせ・ご相談窓口 このページの先頭に戻る
税理士法人キーストーン神戸
お問い合わせ・ご相談はこちら

Copyright(C)2017 税理士法人キーストーン神戸 All Rights Reserved.

神戸(対応地域:神戸・滋賀・大阪・京都)の税理士・会計事務所、税理士法人キーストーン神戸。 税務顧問・会社設立・独立起業等をサポート!

税理士法人キーストーン神戸
お問い合わせはこちらから
トップページへサービス / 料金一覧会社概要よくあるご質問お客様の声お問い合わせ / ご相談