1. 税理士法人キーストーン神戸 TOP
  2. スタッフブログ
  3. ドラッガー「マネジメント」(エッセンシャル版)【1/4】

« »

ドラッガー「マネジメント」(エッセンシャル版)【1/4】

 

誰もが一度は耳にしたことがある経営の大家ドラッガー

その中でも一番有名な著書「マネジメント」のエッシェンシャル版をご紹介。

 

すでに大著「マネジメント」のエッセンスを抜粋してるのに、さらにまとめるという暴挙に出ておりますが…エッシェンシャル版のエッセンシャルにしばしお付き合いを。

 

まとめるといってもブログ記事にするには長くなるので、3回に分けてご紹介いたします。

 

ドラッガーが「マネジメント」で言いたいことは、個人的には、都度何度読み返しても受け取り方が変わります…その時々の自分の置かれている状況により違うのだと感じます。

 

ただし、本質的なものは変わりません。その変わらない部分だけを整理しようと思います。

 

第1回は、総まとめ、目次のようなもので。

 

「マネジメント:P・F・ドラッガー」

  •  企業の目的はひとつしかない「顧客の創造」である。
  • 企業は、顧客の創造をするために、次の2つの基本機能を持つ。
    • ① マーケティング:マーケティングの理想は販売活動を不要にすること。
    • ② イノベーション:イノベーションによって、顧客のより大きな満足を産み出さなければならない。
  • 組織を方向づける、共通の見方、努力を実現するためには「我々の事業は何か。何であるべきなのか。」を定義する必要がある。
  • 「我々の事業は何か。」と問う出発点は「顧客」でなければならない。はじめに「顧客はだれか。」「顧客は何を購入するのか。」を問わなければならない。
  • 事業の定義ができれば、目標に具体化しなければならない。目標設定の中心は、マーケティングとイノベーションの目標でなければならない。
  • マーケティングの目標は、既存商品に関する目標、新市場に関する目標など複数存在し、「集中の目標」「市場地位の目標」を決める必要がある。
  • イノベーションの目標は、「我々の事業はなんであるか。」の問いに対する答えを、行動に移すためにものでなければならない。
  • 未来は予見できない。したがって戦略計画が必須。戦略計画は、次のような連続したプロセスからなる。
    • ① リスクを伴う起業家的な意思決定を行い、
    • ② その実行に必要な活動を体系的に組織し、
    • ③ それらの活動の成果を期待したものと比較測定する。

 

 

こんな感じでしょうか。

もっとたくさん大切なことを著しているはずですが…ご勘弁を。

 

次回は、少し内容に触れたいと思います。

 

 

2015年08月

税理士法人キーストーン神戸
株式会社クオリアル・パートナーズ
寺田 一成

« »

サービス内容一覧

MAS税務起業支援
自計化支援業種MAS特化MAS
お問い合わせ・ご相談窓口 このページの先頭に戻る
税理士法人キーストーン神戸
お問い合わせ・ご相談はこちら

Copyright(C)2017 税理士法人キーストーン神戸 All Rights Reserved.

神戸(対応地域:神戸・滋賀・大阪・京都)の税理士・会計事務所、税理士法人キーストーン神戸。 税務顧問・会社設立・独立起業等をサポート!

税理士法人キーストーン神戸
お問い合わせはこちらから
トップページへサービス / 料金一覧会社概要よくあるご質問お客様の声お問い合わせ / ご相談