1. 税理士法人キーストーン神戸 TOP
  2. 税金・経理事典
  3. 固定残業代の注意点

«

固定残業代の注意点

固定残業代を採用している企業が多いと思いますが、

次のようなことを注意する必要があります。

 

1.給料明細等で、通常の賃金部分と固定残業代部分とを

明確に区別する

2.就業規則等で、固定残業代がいくらで、何時間分の

時間外労働を対象としているかを明記する。

3.労働者募集の際、固定残業代に関する事項を明示

すること

4.実際の時間外労働が固定残業代で予定している時間を

超えた場合、その超えた分の時間外労働に対する

  割増賃金を支給すること

5.固定残業代はあくまで時間外労働の対価として支給

するものであり、管理職手当など、その他の対価と

含めないこと

6.年俸制により支給される場合でも、通常の賃金部分

と固定残業代の部分について、明確に区分して、固定

残業代はいくらで、何時間分の時間外労働を対象と

しているかを明記すること

 

上記6.に関しては、平成29年7月に最高裁から

年俸額の中に「通常の労働時間の賃金に当たる部分と

割増賃金に当たる部分とを判別することができることが

必要」として、判別できない場合は「割増賃金を

支払われたということができない」との認定が

なされたことからくるものであり、実務上も重要なポイント

のひとつですので、十分注意する必要があります。

2018年07月

«

サービス内容一覧

MAS税務起業支援
自計化支援業種MAS特化MAS
お問い合わせ・ご相談窓口 このページの先頭に戻る
税理士法人キーストーン神戸
お問い合わせ・ご相談はこちら

Copyright(C)2018 税理士法人キーストーン神戸 All Rights Reserved.

神戸(対応地域:神戸・滋賀・大阪・京都)の税理士・会計事務所、税理士法人キーストーン神戸。 税務顧問・会社設立・独立起業等をサポート!

税理士法人キーストーン神戸
お問い合わせはこちらから
トップページへサービス / 料金一覧会社概要よくあるご質問お客様の声お問い合わせ / ご相談