スタッフブログ
経理の重要性【飲食支援ブログ】

こんにちは!さいとうです!

2020年もあっという間に1か月が過ぎましたね!

今年の目標を設定された方は、せっかくたてられたのですから是非振り返りをしましょう!

 

10月の消費税増税以降、キャッシュ還元制度は導入されたものの、やはり飲食業界の各社の業績はよろしくないです。

弊社の顧問先さまでも特に前月の1月は苦戦されて思うような結果が出ない傾向にありました。

 

この思った結果が出なかったときに、次の行動に移せるのかが次の結果へとつながります。

前年同月と比較して悪かったことに落胆するのではなく、

掲げた目標に対してどのように行動できたのかを振り返りましょう。

目標を達成するために何をすべきか事前計画をたてて、その計画がきちんと行動に移せたので

あれば、それは成長し、目標に向かって進んでいるはずです。

 

当たり前ですが、目標はたてただけでは達成しません。

目標にむかって何を行動しなければならないかを理解し、それを実践することで

先に進むことができます。

 

簡単なことではなく、いきなり結果がついてくることでもないかもしれませんが、

必ずゴール(目標)には向かって進んでいます。

 

以前こちらでもお伝えしたことですが、経営において重要なのは「利益」です。

 

もちろん、「お客様」があっての「利益」です。

ただ大前提として、お店がなくなれば、その「お客様」に喜んでもらうことは

できないです。

だから「利益」にこだわりましょう。そしてその「利益」をお客様や従業員に

還元しましょう。(もちろん自分や家族にも)

 

前置きが長くなりましたが、ようやく、タイトルの「経理」の重要性について。

そうです、「利益」を把握するためには、経理が重要なんです。

経理があってはじめて経営の管理につながります。

経理を疎かにしてはいけません。

 

個人事業の方、確定申告前に慌てて申告するためだけの経理になっていませんか。

社長、経理担当者や顧問税理士に丸投げしてそれで終わっていませんか。

お店や会社の財務状況を月次、日次で把握していますか。

 

経理はただの事務処理ではなく、きちんと業務設計をして、うまく付き合えば、経営の味方になります。

まず自社の経理の業務設計をすることで、経理業務の負荷は大きく削減されます。

そして自社で財務状況を把握できるので、スピーディ-な経営判断が可能となります。

資金繰り、投資計画、決算予測、節税対策などなど経営者として重要な判断を助けて

くれるのは経理なのです。

 

飲食店の経営において、「売上」を上げることに意識がいきがちですが、

この「経理」の重要性を理解した上で、未来を見据えた経営判断をしていくことが

目標に達成つながっていくことになります。

 

我々も「税務」だけでなく、「経理」(財務)を通して全面的に支援して参りますので

経理まわりのお困りごとも是非ご相談ください。

 

 

 

ブログ一覧へ戻る