スタッフブログ
深夜営業について【飲食支援ブログ】

こんにちは!齋藤です!

いよいよ本格的な冬の寒さがやってきましたね。

 

先日、飲食店の深夜利用者の調査結果が公表されました。

ホットペッパーグルメ外食総研が行った

飲食店の深夜営業の利用実態利用者の深夜営業への考えについてののアンケート調査

です。

 

調査対象:首都圏、関西圏、東海圏に住む20~69歳の男女

有効回答数:10,029件

調査時期:2019年10月1日~10月8日

詳しく調査結果はこちら

 

2019年9月に、飲食店の深夜営業(午前0~5時)を利用した人の割合10.5%

利用した人の平均深夜利用回数 は2.9回

性年代別で見ると、最も利用者の割合が多かったのは、20代男性で17.9%。次いで、30代男 性が16.6%、さらに20代女性で14.8%となっている。

年代が若いほど、利用者の割合が多い傾向にあるが、利用 した人の平均深夜利用回数では、40代男性が3.4回と最も多かった。

圏域別では、深夜営業を利用したことのあ る人の割合が最も多かったのが関西圏で11.4%。ただし、利用した人の平均深夜利用回数は首都圏が3.1回と多 かった。

次に、2019年9月に飲食店の深夜営業を利用した人に対して、その時間に外食した理由やシチュエーションを聞いた。

トップは「飲み会後の2次会や締めの食事等で」で28.0%。また、「残業で仕事の終了が遅くなった」が17.6%、 「仕事以外の所用・用事で遅くなった」が12.2%であった。

性年代別で見ると、20代男性では「飲み会後の2次 会や締めの食事等で」 が37.3%と多い他、「残業で仕事の終了が遅くなった」が20代男性で32.2%、30代男性 で32.5%と多く、30~60代女性では「特に理由はない」が多かった 。

 

また1年前と比べた深夜外食の利用機会の増減について聞いた。「変わらない」が71.9%と大半ではあるものの、 「とても増えたと思う」と「やや増えたと思う」の合計である「増えた・計」は4.7%に対し、「とても減った と思う」と「やや減ったと思う」の合計である「減った・計」23.3%と、深夜の外食が減少傾向であることが 分かった。

 

 

みなさんこの調査結果、いかがでしょうか。

飲食店経営をされる方は仕事終わりに他店で食事される方も一定数いると思います。

ご自身が深夜利用をされているケースは多いのでイメージしやすいのではないでしょうか。

 

アンケートでも深夜の利用機会が減っていることがわかるように、

今後深夜営業の需要が増えることは考えにくいかと思います。

その一方で、朝方の朝食や昼時間帯での昼のみなど別時間帯での需要が出てきているところを狙って

営業時間設定をしている店舗もあります。

 

いずれにせよ、ターゲットを明確にし、出店立地を選定することで営業時間のニーズも

見えてきます!

 

ブログ一覧へ戻る