スタッフブログ
サブスクリプション化(定額制)【飲食支援ブログ】

こんにちは!

 

皆さん、「サブスクリプション」をご存知ですか!?

モノやサービスの『使用権』を一定期間借りるというビジネスモデルで、

『定期購入』『定額レンタル』『定額サービス』がイメージしやすいですね!

サブスク」とも言われてます!

具体的には、Amazonプライム・Apple Musicなどの音楽・動画配信サービスがありますね!

車業界では、カーシェアリングもそうです!

 

色々な業界で注目されている中、最近では飲食業界にもこの「サブスクリプション化」が広がっている

ようです。

 

事例①カフェ

月額7,500円でコーヒーが飲み放題(ランチやコーヒー以外のジュースは別途購入)

 

事例②ラーメン

月額8,600円で1日1杯ラーメン無料。年齢制限、ラーメンの商品指定あり。

12杯以上で元が取れるようです。

 

事例③居酒屋

月額3,000円(1カ月)ドリンク飲み放題(食事メニュー2品以上注文必要)

 

 

上記は個別の事例ですが、サブスクリプションの参加型サービスも登場しているようです。

GUBIT(グビット)
消費者は月額980円で1日1杯、加盟店のアルコールドリンクが楽しむことができます。

 

 

サブスクリプションは、経営者にとっては、継続的かつ安定的に収益が見込めるメリットがあります。

一方消費者にとってはお得で便利なサービスとなっています。ウィンウィンですね!

 

売上を上げるにはどうすればよいか。売上の構成を考えましたね。(以前のブログでご紹介!)

売上=「客単価」 × 「客数」 ×(「回転率」)です!

 

この客数は新規顧客リピーターに分けることが出来ますが、

小規模の飲食店で大事なのはやはりリピーターです。

そうです!サブスクリプションモデルを導入することで、競合が多い飲食店で

リピート率を上げるがことが出来るのです!

 

業態やターゲットに合った導入検討をする必要がりますが、

そのお店にあったサブスクリプションモデルを作ることでリピート率を

上げることを検討してみてはいかがでしょうか!?

お客様にいかにお店の価値を提供出来るかがポイントになります!

曜日、時間帯、商品、サービス、価格等の項目から考えて店舗にあった一番効果的な

モデルを構築しましょう!

 

 

 

ブログ一覧へ戻る