1. 税理士法人キーストーン神戸 TOP
  2. スタッフブログ
  3. 年末調整

« »

年末調整

間もなく12月、年末調整の時期真っただ中ですね。

税務署から封筒でご案内が届いているかと思いますが、顧問先の皆さまには弊社より送付させて頂いておりますご案内をご確認ください。

 

同封の書類で従業員の方にご記入頂くのは下記3点となります。

 

     平成31年分 給与所得者の扶養控除等(異動)申告書

     平成30年分 給与所得者の保険料控除申告書

     平成30年分 給与所得者の配偶者控除等申告書

 

 

     は扶養する人がいてもいなくても皆さん提出しなくてはいけません。

 

配偶者情報の欄は平成30年度分より変更があります。

平成29年度までは申告する本人の給与収入に制限はなく、その配偶者の給与収入が103万円(所得38万円)以内であれば、配偶者控除として満額の38万円の控除を受けられ、控除対象配偶者の欄に配偶者の名前を記載するようになっていました。

 

しかし平成30年度より申告する本人の給与収入が1,120万円(所得900万円)以下で、その配偶者の方の給与収入が150万円(所得85万円)以下であれば、満額の38万円の控除を受けられるようになったので、『源泉控除対象配偶者』の欄に配偶者の名前を記載するようになっています。

 

配偶者がいわゆる社会保険の扶養でなくても控除してもらえるので、上記の範囲の給与収入の方は配偶者の名前を記載するようにしてください。

 

     は保険の支払いがある人は提出しますが、もしなければ出さなくても大丈夫です。

 

     は控除を受ける人の給与収入が1,220万円(所得1,000万円)以下で、その配偶者の方の給与収入が201万6,000円未満の方は配偶者控除・配偶者特別控除を受けられるので提出してください。

 

給与収入は社会保険料など控除する前の支給額(交通費は含みません)です。

手取りの給与額ではありません。税金の払いすぎがないようにご自身の収入を確認してみてください。

ご不明な点等ありましたら、担当者までお気軽にお問い合わせください。

2018年11月

税理士法人キーストーン神戸
スタッフ

« »

サービス内容一覧

MAS税務起業支援
自計化支援飲食MAS特化MAS
お問い合わせ・ご相談窓口 このページの先頭に戻る
税理士法人キーストーン神戸
お問い合わせ・ご相談はこちら

Copyright(C)2018 税理士法人キーストーン神戸 All Rights Reserved.

神戸(対応地域:神戸・滋賀・大阪・京都)の税理士・会計事務所、税理士法人キーストーン神戸。 税務顧問・会社設立・独立起業等をサポート!

税理士法人キーストーン神戸
お問い合わせはこちらから
トップページへサービス / 料金一覧会社概要よくあるご質問お客様の声お問い合わせ / ご相談