1. 税理士法人キーストーン神戸 TOP
  2. スタッフブログ
  3. 日本科学未来館

« »

日本科学未来館

9月に某通販サイトの社長が月旅行へ行くと発表され話題となっていました。
私はというと、生きているうちに宇宙へ行くことは無さそうなので、代わりに東京お台場にある日本科学未来館で、宇宙でも感じてみようと足を運びました。
ちなみにこちらの館長は、宇宙飛行士の毛利衛さんです。

館内にはH-IIAロケットのメインエンジンの実物が展示されています。
このエンジンで宇宙へ行けてしまうのだと考えると、エンジンに張り巡らされた配管等が神聖なものに見えてしまいました。

 

ASIMO

日本科学未来館のシンボル『ジオ・コスモス』(有機ELパネルを使った「地球ディスプレイ」)をバックに、ASIMOさん登場。

バック走行や片足ジャンプなどを披露してくれました。
ASIMOさんが得た片足ジャンプ等の技術は、簡単ではなかったと思います。
普段は意識していませんが、人間の身体機能の凄さを改めて感じました。

宇宙を目的に来たはずですが、科学館で一番面白かったのは、UNI-CUB βに乗れたことでしょうか。
Honda UNI-CUB
こちらもASIMOと同じくHondaが開発されたもので、ヒューマノイドロボット研究から生まれたバランス制御技術を活かした乗り物で、座ったまま体重移動で操作します。

5分ほどレクチャーを受けて、未来館の方と共に館内を30分ほどUNI-CUB βに乗って回りました。
とっても楽しかったです!(もし売り出されたら1台欲しいです)

さて、昨今、AIやシンギュラリティという言葉が飛び交っています。
私は文系人間で科学等に(も)疎いのですが、読書の秋でもあるし、ASIMOにも会ってきたし、
一つ関連しそうな本でも読んでみようかなと、『人口知能はなぜ椅子に座れないのか』という
松田雄馬氏が書かれた本を手に取ってみました。

この本を読んで、ASIMOの実演を目にしたときと似たような感慨を持ちました。
人間という存在の凄さです。
私は自分自身のことを凄いと思ったことはないのですが、人間として生まれたことだけで、凄いことのような気がしてきました。
同時に生命とは、意識や精神とは何なのだろうと考えさせられました。
そして考えていると、答えは出なくともお腹が空いてしまい、食欲の秋を満喫しています。

2018年11月

税理士法人キーストーン神戸
スタッフ

« »

サービス内容一覧

MAS税務起業支援
自計化支援業種MAS特化MAS
お問い合わせ・ご相談窓口 このページの先頭に戻る
税理士法人キーストーン神戸
お問い合わせ・ご相談はこちら

Copyright(C)2018 税理士法人キーストーン神戸 All Rights Reserved.

神戸(対応地域:神戸・滋賀・大阪・京都)の税理士・会計事務所、税理士法人キーストーン神戸。 税務顧問・会社設立・独立起業等をサポート!

税理士法人キーストーン神戸
お問い合わせはこちらから
トップページへサービス / 料金一覧会社概要よくあるご質問お客様の声お問い合わせ / ご相談